オールセインツのレザージャケットがおすすめ

先日私のレザージャケットの記事を書きました。その終わりの方に妻がダブルのライダースジャケットに目をつけたことを書いたのですが、どれが良いのか私が探すことになりました(いつもの事ですが)。

ママのレザージャケット襟元

オールセインツのレザージャケット

やはりファッションアイテムとしてレザージャケットはニーズがあるので、どこのブランドでもレザーのライダースジャケットは出しています。しかしどこのブランドも単なる一つのアイテムとして出しているので、種類はありません。妻が以前買ったシングルのライダースジャケットもそうででした。

レザージャケットはピンキリ

多くの物は価格も結構小慣れてたりするのですが、どんな革を使っているのか不明ですし革自体の質や縫製など品質も心配になります。若い子のように毎年買い替えたりするのなら良いのでしょうが、私たちの年齢になると毎年買い替えるなんて事はしませんし長く着たいと思うのです。もちろん一流ブランドと言う選択肢もありますが、何十万円もしますから絶対買えませんしそこまでの物は求めていません。そう言えば以前、百貨店の中のショップでラムレザーのジャケットを羽織ったことがあります。軽くて柔らかくてすごく良かったのですが、30万円と聞いてビビったのを思い出しました。それでも海外の一流ブランド品じゃないんですよ。

さらに妻は体が小さくミニモニサイズです。ですからアイテムの一つとして出しているようなものだとサイズ展開が少なくて合うサイズがないので、種類もそうですがサイズ展開も多くないと困るのです。いろいろ探しましたが、レザージャケット専門のブランドはバイカーを意識して牛革の重くて硬くていかついものばかりです。

オールセインツは種類とサイズが豊富

そんな中で見つけたのがオールセインツというブランドです。オールセインツというのはイギリス・ロンドン発のレザージャケットを中心としたファッションブランドです。レザージャケット中心ですから種類は豊富で、男女ともにレザージャケットだけでも20種類はありますからお気に入りのジャケットを見つけることが出来ます。そして何と言ってもサイズが豊富で、女性用は小さい物で2号(XXS)から、大きい物で12号(XL)まである物もあります。

オールセインツのレザージャケットを購入

そして昨年の8月下旬、妻は用事があって新宿に出かけたのですが、そのついでに伊勢丹のオールセインツのショップに寄り、サイズを見て念願のレザージャケットを買ってきました。妻が選んだのはCONROY LEATHER BIKERという両肩にキルティングが施されているヴィンテージタイプのダブルのライダースで、オールセインツの中でも非常に人気のあるモデルだそうです。襟についているボタンがシルバーではなく黒なせいか、いわゆるライダースジャケットという感じではなく少しおとなし目です。革もとても柔らかく着心地も良さそうです。ヴィンテージ加工も施してあるので特にレザーの手入れは必要ないと書いてあり驚きました。ヴィンテージ加工をしているくらいですから、レザーがひび割れたりしてきた方が味が出ると言う事なのでしょうね。小さい妻が買ったサイズは4号です。

ママのレザージャケット正面

ママのレザージャケット後ろ姿

妻もオールセインツのレザージャケットを気に入ったようで、その年の秋からは友達と出かける用事があれば、このライダースジャケットを来て出かけて行ったのは言うまでもありません。そして12月に妻と上原ひろみxエドマール・カスタネーダのデュオのライブを見にブルーノート東京へ行ったのですが、この時は妻も私と同様、ライダースジャケットの下にユニクロのウルトラライトダウンを着こんで行きましたので寒さを感じず快適だったようです。妻のダブルのライダースジャケットを見て、私もオールセインツのダブルのライダースジャケットが欲しくなってしまいました。 もちろん男性用もありますので、私は種類とサイズが豊富なオールセインツのレザージャケットをおすすめします。

トップ|オールセインツ ALLSAINTS 公式オンラインストア
オールセインツは、イギリス・ロンドン発の...

コメント