Dickiesの874ワークパンツを買いました

先日、出勤前に玄関で尻餅をつき、腰と背中を痛めてしまいました。3日間安静にしたあと出勤したのですが、痛みは引かず腰に骨盤ベルトを巻いて出勤しましたが、ベルトを巻くと履けるズボンが無いので新しくDickiesの874を買いました。

ディッキーズ874ワークパンツブラック

Dickies874ブラック

朝会社に行こうとして玄関で尻餅をついてしまい動けなくなってしまいました。踵で何か踏んで尻餅をつくと言う事はわりとしょっちゅうあることなので驚くことではないのですが、背中にリュックを背負っていた事、下駄箱にぶつかってしまったことで予想外の態勢になり腰と背中を痛めてしまいました。

玄関で尻餅をつき背中と腰を痛める
今朝出がけに玄関で尻餅をつき腰と背中の筋肉を痛めてしまいました。いつギックリ腰になってもおかしくないと言われるほど腰の筋肉が硬かったのですがついにその日を迎えてしまいました(涙)。少しでも早く回復できるようにと出来ることをやってみました。

Dickies874ワークパンツとは

3日間の安静の後、4日目に出勤したのですが痛みは引かず骨盤ベルトを巻いて出勤することにしました。骨盤ベルトは以前から腰にかかる負担を減らすために買ってあったので良かったのですが、問題はこの骨盤ベルトを巻いて履くことの出来るズボンが無かったのです。仕方なくその日は上下ジャージという姿で会社に行きました。

さすがに毎日ジャージで会社へ行くわけにもいかないのでズボンを買うことにしたのですが、店に行くことも出来ないのでネットで探しました。サイズ感が重要ですので今まで買ったことある物の中から選ばなければなりません。

ユニクロやGAPなどが候補だったのですが、最近では細めが主流のようでゆったりしたスタイルの物が見当たりません。筋ジストロフィーの私はふくらはぎがとても太いので最近の細めの物ではふくらはぎがきつくて動きにくいので履くことが出来ないので困っていたのですが、ふといつも夏に履いているDickiesのパンツを思い出しました。

Dickies874ワークパンツの特長

Dickiesとはアメリカのワークカジュアルブランドで、ワークパンツなど実用性を重視するアイテムを展開しています。その中でも874ワークパンツは定番のアイテムなのです。ゆったりとしたスタイルでいつの時代でも履くことが出来るパンツです。ワークシーンだけではなく、ファッションアイテムとしても世界中で愛用されているのです。

  • 素材はコットン35%ポリエステル65%
  • 8.5オンスと言う厚手の生地
  • 表面には雨や汚れから守るスコッチガード加工

といった実用性を重視したスペックになっています。

素材はコットン35%ポリエステル65%ですからチノパンのような柔らかさはありません。むしろゴワゴワして硬いです。ワークパンツですから耐久性第一と言う事で納得ですが、これは履き心地に直結するので注意が必要です。ですが私のような筋ジストロフィー患者は膝折れしてよく転ぶのでこのような丈夫なパンツは必須アイテムなのです。普段スーツを着ることができないのも、今まで何度も膝折れして転び、そのたびにズボンの膝が破けスーツとして成立しなくなったからです。さらに転べば当然膝を酷くすりむいてしまうからなのです。しかしチノパンなど丈夫な素材のパンツなら膝は破けませんし、すりむいてもそんなに酷くなることも無いのです。

Dickies874ワークパンツのサイズ感

以上のような特徴があるDickies874ワークパンツなのですが、履いていて感じるのは他のブランドの物よりも少しウエストが小さめであると言う事です。よくDickiesの874は大きめのサイズを選ぶようにと言われています。それは

  • ロットによって多少の大きさの違いがある
  • 生地が硬くて伸びることがない

と言う理由からです。アメリカのブランドですから、ロットによって多少の大きさの違いはあるようですし、何せワークパンツですから生地が硬くて履いているうちに伸びると言う事もありません。なので大きめのサイズを選べ、と言う事なのです。

私は通常ウエストサイズは32インチなのですが、その中でもDickiesは少しきつく感じていますので、選ぶ際にはいつも履いているサイズよりも大きめの物を選んだほうが良いと思います。ストリートファッションとして大きめのパンツを選んでゆったりと履くと言うスタイルもありますから大きくてもOKなのです。

ということで、私の場合は32インチで少しきつめなので通常33インチが自分のサイズとして、骨盤ベルトを巻くことを考えさらに1インチサイズアップして34インチを選びました。

そしてレングス(長さ)ですが、30インチと32インチがありますが、私は普段どのブランドでも32インチを選んでいます。今回2インチアップするのでその分少し長く感じるかもしれませんがDickies874ワークパンツの場合、裾を折ってはいてもおかしくないのがうれしいですね。ジャストサイズなら言う事ありませんし、長ければ折れば良いわけですから。

Dickies874ワークパンツのカラー

Dickies874ワークパンツのカラーは全15色あるのですが、全カラー扱っている店舗はあまり見当たりません。私が持っている32インチのパンツはネイビーですが、ちょっと明るい色味です。明るいと言うか青っぽいと言うかそんな色です。よくファッションで言うところのネイビーとは違うような気がします。ネイビーのブレザーってありますよね?あれよりは青いです。いわゆるネイビーをイメージするならダークネイビーと言う色になります。

ディッキーズ874ワークパンツチャコール

Dickies874チャコール

今回私が選んだのは、チャコールです。チャコールグレーって黒に近いグレーですが、このチャコールと言うのはふつうの濃い目のグレーです。個人的な好みとしては紺が好きなのですが、ネイビーは持っているので上に着るシャツに合わせてチャコールにしました。なんせ会社に履いて行くわけですからね。

Dickies874ワークパンツを購入

サイズと色が決まったところでネットで買いました。扱っているショップはいろいろあるのですが、よく見るとカラーであったりサイズであったり意外と欠品しています。そんな中Dickiesの874ワークパンツ・チャコールの在庫があるショップを選んでポチりました。午前中に頼めば当日発送してくれるので助かります。

骨盤ベルトを巻いてもゆったり

そして翌日届きました。さっそく開けて取り出してみると普通のグレーでした。室内の灯りで見ると少しグリーンっぽい感じもしますが、日中外で見ると普通にグレーです。

そしてタグなど外す前にまずは試着です。どうしてもサイズが合わなくて交換してもらうにも、タグなど外してしまったら交換できなくなりますので注意です。そして履いてみると思っていたより緩くありません。おや?っと思ったのですが、単に自分が大きくなっていたためと思われます(爆)。そして改めて骨盤ベルトを巻いてから履いてみても大丈夫です。それでもウエストが少し大きい分、丈も長めに感じられますのでこれは折って履くことにしました。

洗い替えにもう1本購入

そして会社に履いて行きました。生地は硬めですが買ったばかりの状態ではノリが効いていてとてもパリッとしています。それでも動きづらいと言う事もありませんし、大きめサイズなのでゆったりとしていてむしろ動きやすいのでDickiesの874にして良かったと思いました。

腰と背中は毎日ロキソニンを飲んでいるので日中はあまり痛みも感じなくて良いのですが、薬が切れてくる夕方ごろから痛みが出てきます。それは1週間たった今でもそんなに変わりません。筋肉を痛めたわけですから暫く時間がかかると思います。長期化すると言う事は、当然洗い替えも必要になるのでDickiesの874をもう1本購入することにしました。

そして選んだカラーはブラックです。ダークネイビーも良かったのですが、紺のチノパンも持っているのでやめました。ウエストも思ったほど大きくないので背中と腰が治ったらこのDickiesの874を休日に履くことになると思うので、それを考えてブラックにしました。他にもカーキでも良かったのですが、私が持ってるチノパンは基本カーキなので丸被りになってしまいます。

今回背中と腰を痛め、骨盤ベルトを巻いて履くパンツを探すにあたって色々探しました。そしてDickiesの874ワークパンツを買ったのですが、考えてみたら非常に丈夫でゆったりとしたスタイルなので私のような筋ジストロフィー患者にはピッタリなのではないかと思いました。仕事にも履けますし、休日にカジュアルスタイルでも大丈夫です。カラーも豊富なのでこれからパンツはDickiesの874ワークパンツ中心で良いのではないかと思っています。

・衣
スポンサーリンク
Yosukeをフォローする
明るく楽しくゆっくりと。

コメント