母の日には花を贈ろう

皆さん、もうすぐ母の日がやって来ます。今年は母の日に何を贈る予定ですか?まだ何を贈るか決めかねている方、今年は花を贈ってみたらいかがですか。

バラの花束

感謝の気持ちを込めて花を贈りましょう

自分の奥様に花を贈るのに何のためらいもなく贈ることが出来ても、男であれば自分の母親に花を贈るなんていうのはとても照れ臭いものです。もちろん育ててもらったから今の自分があるので感謝の気持ちは持っています。しかし今までそんな事をしたことも無いのにいきなり贈るというのはとても勇気のいることです。「いったいどうしたの」と不思議がられても「いや別に」しか言えませんし。それに何を贈ったら良いのか皆目見当が付きません。だったら感謝の気持ちを込めて綺麗な花を贈りましょう。

★花を贈るならこちら→日比谷花壇のフラワーギフト
icon

私の植物との出会い

私も今ではバラを育てるほどの愛好家になっていますが、昔は花に全然興味がありませんでした。正直に言うと花に興味を持つようになったのもバラを育てるようになってからです。しかし、まったく植物に縁が無かったのかと言うとそうでもありません。

20代の頃、器物メーカーで営業をしていまして、取扱製品の中に鉢カバーなど園芸業界向けの商品もありました。会社の先輩が日比谷花壇を担当しており、母の日などにはパンフレットを渡され買わされました(笑)。確かあの頃は観葉植物がブームだったように記憶しています。よくわからないままにテーブルヤシやオリヅルラン、ブライダルベール等を毎年買っていたように思います。それが私の人生で植物との直接的な初めての出会いです。

私の母の日ギフト

さて、今までの自分の母親へのプレゼントですが、先ほど書いたように観葉植物でした。照れ臭かったので「会社の付き合いで買った」とか言って渡しましたが、母は喜んでくれ家の中に飾ってくれていました。結婚後は自分の母より妻の母に贈るようになりましたが、基本はカーネーションでした。やはり花ですね。そしてバラ栽培を始めてからはバラの苗を贈ったりもしました。妻の母は花を育てるのが好きだったのと、大きな赤いつるバラもあったのでガブリエルという白いバラを贈ったことがありましたが、とても喜んでくれました。ただ、バラなどは管理に手がかかるのでバラ好きの人でないと負担になってしまう可能性があるので、大きくならない花が良いと思います。

 感謝の気持ちを込めて

母の日に花を贈るのはとても照れ臭いのですが、まずは感謝の気持ちを込めて何か贈ってみましょう。今は鉢花だけではなく花束やプリザーブドフラワー、ドライフラワーなど色々なデザインや種類があります。照れ臭いですけど母の日に花を贈ることで、会話が増えたらうれしいですよね。

お勧めはこちら

私が初めての母の日プレゼントの観葉植物を日比谷花壇で買ってから30年以上経ちます。その頃から永年フラワーギフトを展開していたという実績がありますので、私は日比谷花壇のフラワーギフトをお勧めします。

★詳しくはこちら→日比谷花壇のフラワーギフト
icon

迷った方はこちら

いっぱいありすぎて何を贈って良いか迷っちゃう、という方。プリザーブドフラワーはいかがですか?プリザーブドフラワーとはドライフラワーや造花とは異なる方法で加工した花です。生花のうちに色素を抜き特殊な染料を吸わせることで美しさを長期間保つことが出来るようにした物です。私も義母に贈りましたが、今では玄関に飾ってくれています。

★詳しくはこちら→日比谷花壇 プリザーブドフラワー特集
icon

■その他
スポンサーリンク
Yosukeをフォローする
明るく楽しくゆっくりと。

コメント