ブログと音声入力

快適な音声入力ライフ

皆さん、音声入力ってご存知ですか?スマホに向かってしゃべれば勝手に文章に起こして入力してくれる機能です。ちょっと前までは専用のアプリが無ければ出来ませんでした。色々やってみたのですが、うまくいかずに諦めていました。しかし、スマートフォンがこれだけ人々の日常生活に欠かせない物になってくると、いつの間にかスマホの基本機能になっていて驚きました。

iphonのイメージ

ブログの入力の悩み

実際にやってみると、音声入力は便利すぎます。ブログの記事は最低でも1000文字を意識していますが、最近では慣れてきたせいか1500文字は超えるようになり、2000文字を超えることも多くなりました。しかしいくら私が学生時代に英文タイプをやっていたからブラインドタッチができると言っても、その入力は大変ですし、やはり時間もかかります。ましてや最近は腱鞘炎にも悩まされているので尚更大変です。もともと文章力がないので、何度も書いたものを読み返しながら付け加えたり削除しながら記事を仕上げていくので、基本的に非常に手間と時間がかかります。しかも家に帰ってから寝るまでの短い時間にやるのです。でもストレッチをしなければなりません。ネットサーフィンもしたいです。YouTubeでライブ映像も見たいです。主治医からは睡眠時間を確保するように言われていますし、実際睡眠時間が6時間ちょいの日が続くと身体が怠くてきついですし力が入らずに危険です。どうしたら良いのでしょうか。皆さんに読んでいただくには週末だけの更新とかは避けなければなりません。これが私の悩みでした。

ブログも音声入力で?

そんなある日、日常生活で愛用しているEvernoteというアプリのtipsで音声入力を発見してしまいました(遅っ)。私の中では、音声入力するには専用のアプリが必要という認識でしたが、いつの間にかiPhoneで音声入力が出来るようになっていました。考えてみれば今の時代そんな事は当たり前ですよね。自分も障害者なのだから考えればわかるはずなのに。音声入力じゃなければならない人もいるわけですから。検索していくとブログの原稿書きは音声入力という人が結構います。私の場合は下書きだけでも空いた時間にできれば大変な時間短縮になります。何度も手を入れて形にするのは仕方のない事ですが、夜にその作業だけなら負担が軽くなります。昼間の時間帯に原稿を入力できるようになれば、空いた時間に下書きをいくつも作れます。画期的なことです。

音声入力をどこでやる?

ということで、試しに音声入力で原稿を作ってみることにしました。しかし昼間人前でボソボソやるわけにはいきません。いつならできるのか?考えてみました。できそうな場面は通勤車内に限られます。

  1. 田舎の道路
  2. 休憩に寄るコンビニの駐車場
  3. 橋を渡るための長い渋滞
  4. 会社の駐車場

こんなところでしょうか。

田舎の道路

都内に入るまでは信号も少なく角を曲がることもないので可能です。ただ、走行中ですから運転に集中しなければなりませんし、周りを見たりしていると考えもまとまりません。これはダメです。

休憩に寄るコンビニの駐車場

車を止めているので安心です。道路の混み具合ですぐに出なければならないこともありますので、家を早く出ればある程度時間を取れますから可能です。

橋を渡るための長い渋滞

だいたい橋を渡るのに最低でも15分はかかります。ここは可能ですね。でも安全第一で。

会社の駐車場

これも問題ありません。コンビニの駐車場と同じで、朝早く家を出れば作業できます。

音声入力をしてみる

実際に音声入力してみました。原稿を保存するのはEvernoteというアプリです。やり方は簡単で、Evernoteの入力画面のキーボードにあるマイクのイラストを押して音声入力に切り替えて入力します。入力できる時間はだいたい1分弱ですね。一度そこで音声入力が切れます。そして再度マイクのイラストを押して音声入力を再開します。これの繰り返しになります。

言葉の精度は

割と精度は高いですね。しかし日本語ですから読み方がいくつもありますので漢字が違うものになることはありますが、酷くはありません。バラのブログの音声入力をしたので「バラ」が「腹」、「鉢」が「8」になっていました。うまく聞き取れないと想像で処理するのか(?)全く違う言葉や文章になっていたりもしましたので、喋ったことを覚えているうちに修正をした方が良いと思います。時間が経ってからだと何のことやら状態になってしまいます。でも十分に使えます。

区切りなどは

句読点も言えばちゃんと入ります。「てん」で「、」、「まる」で「。」。「かいぎょう」と言えば一瞬「改行」や「開業」という文字に変換されたのち、その文字が消えて行が変わります。なかなか優秀です。

かかった時間は

やはり喋るだけで良いですからとても早いです。会社に着く前に入力は終わり、昼休みに誤字や文章を直し、hタグを入れる場所を指定しておけば、夜、家で文章を手直しして体裁を整えるだけで済みます。そしてワードプレスでプレビューを見ながら仕上げます。楽勝です。笑ってしまうほど早く出来上がります。

まとめ

いやぁ、こんなに楽にできるとは思いませんでした。とてもはかどりますし、書く(喋る)ことが楽しいです。作業効率も非常に良いですし、思いついた時に記事の下書きができるので記事も量産できます。このブログも始めてまだ日が浅いのですが、書こうと思っていることはたくさんあります。しかしいざ原稿を作成しようと思っても、時間がかかると思うとなかなか手がつけられません。しかし音声入力ならそんな問題も解消できそうです。今ではブログにとどまらず、LINEなどいろいろなアプリで音声入力しています。大袈裟ですが、快適な音声入力ライフを楽しんでいます。

ちなみにこの原稿はなぜか全て手入力です。

■その他
スポンサーリンク
Yosukeをフォローする
明るく楽しくゆっくりと。

コメント