補高便座はトイレの必需品

筋ジストロフィー患者となり筋肉量が減っていくと、椅子からの立ち上がりが大変になってきます。私は外出先では誰かの力を借りないと立ち上がれなくなっているのですが、力を借りる事が出来ずに困るのがトイレです。そんな私を助けてくれるのが補高便座と呼ばれる物です。今日は私が会社のトイレで使用している補高便座を紹介します。

補高便座

外出先のトイレに座れない

家ではリビングの椅子にクッションを3枚重ねて高さを稼いでいます。座ると結構な高さなので食事するのも違和感があります。しかし立つことを考えたらそんなことはどうでも良いことで、それだけの高さがあるからこそ、何とか一人で立ち上がることができるのです。

私は筋力がないのでテーブルに手をついてそのまま立つ事が出来ません。横を向いて右足を前に、左足を後ろに出し(1歩前に踏み出した姿勢)、左手はテーブルにつき右手を右膝について全体重を右足にかけ何とか立ち上がります。会社でも自分の席から立ち上がる時は同じようにして立ち上がります。

外食するとなると隣の席が近くそんな大きく動けるスペースもないので同行者に手助けしてもらって立つしかありません。ですからそんな状態で立たないといけなくなると自然と外食もしたくなくなってしまいます。立つことばかり考えているのであまり食事を楽しむことも出来ないのです。

ただそういった場所で誰かにアシストしてもらえば立つ事が出来るので良いのですが、どうにもならないのがトイレです。個室に誰かと一緒に入ることはできないので入って座ってしまったらアウトです。それでも今は障害者用トイレなど広くて手すりなどがついいますが、基本的にトイレの便座の位置が低いので障害者用のトイレでも自動昇降付きの便座でない限り私は立つ事が出来ないのです。ですから外出する時はとても気を使いますし、ちょっと大げさですが外出の予定がある場合、外出先でトイレに行かなくても良いように数日前からコンディション調整が必要です。

補高便座というスグレモノ

そんな私の悩みを解決してくれるのがこの補高便座なのです。我が家のトイレはリフォームした時にTOTOのトイレにしたのですが、TOTOには補高便座と言うオプションがあったので、便器に補高便座を取り付けてもらったので自力で立つ事が出来ます。

トイレ | 福祉機器 | 商品情報 | TOTO
手すり、バスリフト、トイレリフトなど、TOTOの福祉機器・バリアフリー商品のご紹介です。

我が家のトイレには高さ5㎝の補高便座を取り付けました。壁にも手すりを取り付けてありますので、何とか自力で立つ事が出来ます。欠点は固定式なので取り外しができないため小さい人は足が下につかなくなるという事です。私の妻はミニモニサイズですから当然足がつかないと言っていますので、お子さんがいるご家庭ではもしかしたら導入は難しいかもしれません。

筋ジストロフィー経過詳細⑦リフォーム
市の支援制度を利用して階段に手すりを取り付けました。残念ながらトイレのリフォームには利用できませんでした。

アロン化成の補高便座

そんな欠点を解消してくれるのがポータブルの補高便座なのです。これは実際に私が会社のトイレで使用している物ですが、なかなかのスグレモノです。

ソフト補高便座 | 【安寿】の介護用品 | アロン化成
便座面の高さを補います。膝に痛みなどがあり、トイレに深く腰掛けるのが難しい方に。柔らかいソフトタイプ。

アロン化成というメーカーの安寿という介護用品シリーズのソフト補高便座と言う物です。高さは3㎝と5㎝があり、私が使用しているのは5㎝の物です。材質はポリウレタンですから柔らかめですので座っていてもお尻は痛くありません。使い方は便座の上に置くだけなので超簡単です。適合するしないがありますので、細かい仕様は上のリンクから確認してください。

ポータブルタイプの補高便座のメリットは

  • 自分だけが使用できる
  • 保管に場所を取らない
  • 衛生的である

と言うようなことが挙げられます。一方でデメリットは

  • ウォシュレットを使うと中がビショビショになる
  • ウォシュレットの位置が狂う
  • 場合によっては使用するたびに洗浄の必要がある

と言ったことが挙げられます。

メリットは自分専用なので誰にも迷惑が掛からないという事です。さらに洗ったり拭いたりできるので衛生的です。

デメリットは高さが出る分ウォシュレットを使用すると中が濡れてしまう事です。場合によっては汚れてしまうこともあるでしょうから毎回洗浄する必要が出てきます。あとちょっとした事ですがウォシュレットで出てくる水の位置が狂いますから、自分で前後に動いて位置を調整する必要があります。

デメリットと書きましたがこれはデメリットと言うよりは面倒な点と言った方が良いかもしれません。実際に感じるのはメリットだけです。これがあるから安心してトイレに座ることができるという安心感が一番大きいですから、デメリットもデメリットとは感じません。

さて、価格ですが

  • 高さ3㎝ ¥11,000(税別)
  • 高さ5㎝ ¥15,000(税別)

とやや高めです。介護保険が利用できますし、自治体から受けられる障害者の助成金が使えるかもしれませんのでお住いの自治体に確認してみてください。

私の場合、時間もなかったのでネットで購入しましたので助成制度は使いませんでしたが¥10,000くらいで買う事が出来ました。とても便利なので妻の実家のトイレ用にもう一つ購入する予定です。

トイレでの立ち上がりと言う現実問題にお悩みの方、アロン化成のソフト補高便座がおススメです。

コメント